So-net無料ブログ作成
検索選択
☆家電 ブログトップ

3人がかりで書いたコピー。 [☆家電]

「画質の差は、赤に出る。」

家電メーカービデオ新発売キャンペーン

これは自分が手がけた中で最大のキャンペーン。
メーカーさんも代理店さんも気合いが入っていたし、作業は大変でした。
担当したコピーライターは全部で3人。代理店さん一人と、プロダクション、
私を含めて二人で、コピーを書きまくりました。
ものすごくでかい仕事だったので、なかなかOKがでない。
産みの苦しみも、一番だったような気がします。

延々と書き続けて、ひょこっと頭に浮かんだのがこのフレーズ。
「画質の差は、赤に出る。」
正確に言えば、これはキャッチではありません。
「一番難しい色は、赤だ」というキャッチがあって、
それを受けるフレーズです。

3人がかりで、書いた総数はどれぐらいだろう。おそらく
数百本だと思います。だから、これは自作というより、3人の作品ですね。

こういう言い回し「◯◯の差は、◯◯に出る」
というのが、この後、いろんな広告で使われました。
ちょっとうれしかったですね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

ファッションケア商品 [☆家電]

リフレッシュ商品が、
 リフレッシュしました。」


家電メーカーファッションケア商品。新聞15段キャッチフレーズ。

新聞といっても、これは業界紙。エンドユーザー向けの広告ではありません。
家電業界だから、街の電気屋さんがターゲット。こんな商品が出ましたよ、
拡販お願いします、というのが広告目的です。

業界紙に広告を出す場合、一般と同じ広告を掲出するメーカーがほとんど。
でも、このメーカーさんは当時、業界紙は業界紙なりの広告をつくる
というのが基本姿勢でした。
商品は、スーツジャケットスチームをかけてケアするというもの。
ファッションをリフレッシュさせる
ファッションスチーマーという商品でした。
そこで考えたのが、このフレーズ。
「リフレッシュ商品が、リフレッシュしました。」
エンドユーザーには届かないでしょうが、
電気屋さんには、伝えたい事そのもの。
言葉遊びのようなフレーズですが、うまくはまってるんじゃないかと、
作った当時は、かなりお気に入りでした。ずいぶん前の仕事です。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

掃除機の広告。 [☆家電]

「排気はやさしくて、力持ち。」

家電メーカー掃除機、競合プレゼン。没コピー

排気が、からだにやさしい事が特長。しかもパフワル。という商品でした。

私は既婚者で、仕事をしているのは私だけ、家事で手伝うのは
洗濯モノを干すぐらいです。
ということで、最近の掃除機の事情は、まったく知りませんでした。
今は、どうやら、排気がどれくらい人にやさしいか、
それを各メーカーで競ってるようですね。

健康ブームという言葉がありますが、健康というキーワードは、ブームというより
すっかりと生活に定着。商品づくりの切り口として欠かせないもののひとつに
なったようですね。というわけで、この商品も、人にやさしい、掃除機。
特長である排気を切り口にキャッチを考えてみました。でも、排気を切り口にした
掃除機はいくらでもある。もっと、独自の切り口を考えないと、というわけで
打ち合わせの段階で没。コピーのスタイルとしても、ひと昔前。
なんか古いよなって感じがしますよね。

今の時代、いかにもコピーライターが考えたっていうキャッチフレーズは、
あんまり届かないんじゃないか、という気がしています。
いかに言うかより、何を言うか、どんな事を伝えるかの方が、
大切なのかもしれませんね。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

カラーMD [☆家電]

「よんしょく、よろしく。」

家電メーカーカラーMD4色、新発売告知、雑誌広告

カセットテープからMDへ。
MDにいろんなカラーバリエーションが
増えて新登場という広告。そうとう昔の広告ですね。
音質に差別化するようなポイントもなく、
いろんな色(4色)から選べる事が特長なんで
それを伝えてくれというオーダーでした。

色っぽい、色じかけ、才色、色めく、などなど
色を使ったいろんなコピーを提案しましたが、
こういうのに、おさまりました。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

電気ストーブ [☆家電]

MASTO.jpg

「寒気団ご一行さま。  おしゃれして、  お待ち申し上げます。」

大手家電メーカー、電気ストーブ。中吊り、新聞、雑誌広告。

機能特長は、なし、フォルムがおしゃれ。
とにかく、おしゃれな電気ストーブだということを訴求してくれ
というオーダーでした。

時代を感じますね、商品も、コピーも。笑
これ、20年ぐらい前につくった広告です。
コピーライターの方ならわかると思うのですが、
昔につくったものって、人に見せるの、恥ずかしいんですよね。
でも、これは初めて賞をもらった作品なので、
特別な思いがありますね。

賞を取らないと有名になれない。賞を取らないと出世できない。
絶対に賞を取ってやるぞ!な〜んて、必死になって
コピーを書きまくっていた昔を思い出します。笑

第21回OCC賞 新人賞


年末年始は、マッサージもお休みです。 [☆家電]

「年末年始は、マッサージもお休みです」。

家電メーカー、マッサージチェア。没コピー

これも、相当昔のフレーズです。
まだマッサージチェアというのは、市場に出回ってなくて、
機能訴求というよりも、存在を知ってもらうことの方が
大切、そういう時代でした。
媒体は、年末年始のポスターだったと思います。

こういう商品、今はかなり進化していますね。
いろんなメーカーから出てますし。


☆家電 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。