So-net無料ブログ作成
検索選択
このブログについて(企画意図) ブログトップ

タイトルも中身も変えました。 [このブログについて(企画意図)]

キャッチを集めてブログにする。
はじめてみると難しいですね。
それは、没になったものでも、
どうしても通してみたい。カタチにしてみたい。
再度提案したり、別の仕事で出したら
通るかもしれない。そういう下心があるからです。笑

一度出したキャッチを、別の仕事で提案する。
自分的には、それもありなんですが、
どうなんでしょうね?
そういえば、糸井さんが、
出版社用に書いたコピーが通らなかったんで、
あるショッピングセンターに提案してカタチに
した、というのは有名な話ですよね。
人の書いたモノをパクるのはダメでも、
自分の書いたモノなら、OKですよね。


はじめに [このブログについて(企画意図)]

コピーライターは、
ひとつの仕事に何十本ものキャッチフレーズを書きます。
そして、そのほとんどが没となり、人の目に触れずに
消えていきます。没になったとはいえ、それは、かわいい自分の
作品。どこかで、発表して、ほめられたり、けなされたり
してもいいのではないかと考えました。

ここで取り上げるキャッチフレーズは、広告主さん、あるいは
広告代理店さんがお買い上げにならなかったものばかり。
「キャッチフレーズ・ショップ」と名付けたのは、
洒落みたいなもんです。誰も、お買い上げにならなかったフレーズ、
ということは、まだ売る事ができる。つまり商品です。
もしかすると、どこかの誰かが買ってくれるんじゃないかな、
とも考えました。笑

広告は時代を写す鏡とも言えますし、
過去のもの、かなり昔に書いたものは、とても古くさいなと
感じられるものもあるかもしれません。
でも、その当時、自信を持って書いていたものは、
ここに書いていこうかと。(もちろんつまらない
フレーズもたくさんあると思いますが)。
そして、今やってる仕事で
没になったコピーも書いて、自分のメモがわりにも
使っていこうかと考えています。意図としては、
その方が近いかもしれません。

※もしかすると、同じキャッチフレーズが、どこかで使われてる
かもしれません。すべての広告をチェックするのは困難ですので、
どうかご容赦ください。

2008年2月18日、追記

自分の没キャッチフレーズを集めて
ブログをつくろう、メモ代わりにしよう、
そう思ってスタートしましたが、
過去のものでも、どうも自信作は載せにくい。
それって、アイデアの引き出し
ネットで公開する事と同じですもんね。
だからといって、ヘタなキャッチを羅列して
いくのも恥ずかしい。

というわけで、タイトルも企画も変更しました。
自分の書いたキャッチフレーズ集、
没キャッチ、ヘタなキャッチ、掲載されたキャッチを集めて
なんとなくコメントを書いていこうと思います。

MAIL
bruce0606@gmail.com


このブログについて(企画意図) ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。