So-net無料ブログ作成
検索選択

サザエさんの次はキティちゃん? [広告の話]

グリコのおとなグリコの新CM。

実写のサザエさんはとてもインパクトがありましたが、

次は実写版、25年後のキティちゃんだそうです。








サザエさんは人間ですけど、キティちゃんは、

そうではないですからねえww







nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

ロングランキャンペーン「Got Milk?」 [広告の話]

1993年にスタートということで、もう20年近く続いている

アメリカミルク生産協会のロングランキャンペーン

「Got Milk?」(ミルクありますか?)というスローガン(タグライン)の

認知率は今や90%以上だそうです。

最初は、ミルクがなくてあわてふためく人々を描いたテレビCMで

スタート。途中からグラフィックシリーズ(ミルクを飲んだ後につく

白い口ひげ(ミルク跡)のセレブたちがにっこりほほえむビジュアル)が

はじまって有名になったようです。

そういえば、日本でもそんなような口ひげのグラフィックが

あったような気がしますね。ビールだったかな。



milk_ads_01.jpg


milk_ads_10.jpg


milk_ads_11.jpg


milk_ads_17.jpg



引用/freshpicsー25-sexiest-got-milk-ads


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

バイエルのアスピリン広告。シンプルでユーモラスなタイポ。 [広告の話]

医薬品の広告っていうと、なにかと制約が多い。

最大のシバリは、薬事法って、やつですが、商品が商品だけに

メーカーさんも「マジメな」表現を好みます。

数年前から医薬品関連の仕事が多くって、

思い切った表現にトライしてみたりするのですが、

なかなかOKはでません。おもしろいジャンルだとは思うんですけど。



で、今日紹介するのは、海外の広告。

バイエル薬品のアスピリンのグラフィック広告です。

より強力なアスピリン「cafiaspirina」と従来の「aspirina」との

比較を、ユーモラスなタイポで表現しています。

bayer_aspirin_1t.jpg
前妻が原因の頭痛には「aspirina」、
前妻の弁護士が原因の頭痛には「cafiaspirina」。



bayer_aspirin_2t.jpg
ボスが原因の頭痛には「aspirina」、
ボスの上司が原因の頭痛には「cafiaspirina」。



bayer_aspirin_3t.jpg
ティーンエイジの娘が原因の頭痛には「aspirina」、
そのボーイフレンドが原因の頭痛には「cafiaspirina」。

という表現です。

参考引用/adgoodness-bayer aspirin



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

子どもにテレビを見せるな!と宣言したLEGOの広告。 [広告の話]

Kids shouldn't watch too much tv」

子どもはあまりテレビを見ない方がいい」

というコピーで展開するLegoのシリーズ広告。

Lego-Kids-shouldnt-watch-too-much-TV_1.jpg

Lego-Kids-shouldnt-watch-too-much-TV-1.jpg

Lego-Kids-shouldnt-watch-too-much-TV.jpg

テレビには「銃(暴力)」「ドラッグ」「SEX(性描写)」といった

子どもに害を与える情報がいっぱい。テレビなんか見るより

レゴブロックで遊びましょう、という訴求ですね。

このようなテレビ批判は、昔からあることで、

目新しくないし、そんなに過激だとは思わないけど、

広告としてみると、やっぱり過激だなあ。

日本ではまず掲載のOKも出ないだろうし、クライアント

こういうネガな表現は選ばないでしょうね。

ちなみに、このビジュアル。モザイクになった部分は、

レゴブロックでつくられているそうです。

レゴが子どもに見せたくないものを隠している、

防御している、という表現ですね。


(参考引用)likecool.com/Lego - Kids shouldn't watch too much TV

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

手の届かない自動販売機。コカコーラのプロモーション。 [広告の話]

コカコーラの、ユニークなプロモーション。

ツールは、通常の自動販売機よりも、背の高い販売機。

コイン投入口やボタンの位置が高すぎて

一人では絶対に買えない仕掛けになっています。

こういうものを見つけると、人はなんとかして

お金を入れようとしますよね。一人では無理なんで、

友だちと協力し合って。

a-huge-CocaCola-vending-machine_2.jpg


アルゼンチンには「フレンドシップディ」という

贈り物をする行事があるようですが、その日に合わせて

行われたプロモーションだとか。

ただおもしろいものをつくって

目立とう、という単純なものではなく、

きちんとしたコンセプトに基づいたものなんですね。

コカコーラは「Happiness Machine」という

プロモーションもありましたが、似た手法ですね。

こういうのも、日本ではなかなか実現しないんだろうなあ。




情報元/likecool.com




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

「広告を背景に写真を撮ってください」というマクドナルドのプロモーション。 [広告の話]

背景を利用したトリックアート、トリック写真というのをよく見かけますが、

そのトリック写真の素材となりそうなものを

スクリーンに映し出したら、カメラビデオで記念写真を

撮りたくなるんじゃないだろうか? そんな発想で

つくられたであろうプロモーション、

イギリスマクドナルドのものです。

ピクチャ 2.png





誰もが携帯などで気軽に写真を撮れる時代でもあるし、

そんなところにも目を付けたんでしょうね。

見事なアイデアだな、と思いました。

参考引用/garbagenews

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

雪の日限定、ミントキャンディ「即席POP」プロモーション。 [広告の話]

即席POPなんて勝手にネーミングしてしまいましたが

思わず、ウ〜ンと、うなってしまったすごいプロモーション。

頭の固い日本人では、こういうアイデア、

浮かばないんじゃないでしょうか。

これは、イギリスロンドンで2009年12月に展開された

プロモーション。ミントキャンディ「ポロ(POLO)」を認知して

もらうために行ったものです。

雪の日は、いろんなところに、雪の真っ白いキャンバス

できあがりますが、これはそれに目を付けたアイデア。

ごらんのような、商品をカタチに

似せたスタンプをつくったってわけです。

ピクチャ 2.png

あとは、説明不要ですね。

いろんなところに、ペタペタとスタンプを

押しまくっていくというプロモーション。

ピクチャ 5.png

ピクチャ 6.png

雪の日限定ということですが、おもしろいプローモーションだと思います。


(情報元)garbagenews








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

地球は宇宙の笑い者。エコロジー広告。 [広告の話]

環境問題をテーマにした広告といえば、ターゲットは
もちろんおとな。媒体も一新聞ビジネス誌が多いですよね。
でも、この広告は、そんな常識をくつがえして、
子どもに対してメッセージを送っています。
ナショナルジオグラフィック協会の子ども向け雑誌
「National Geographic Kids Magazine」が展開したポスター。
子供たちに地球環境への問題意識を持ってもらうことを
目的としたものです。
表現は、宇宙人に大笑いされる地球環境。


gn-20100530-01.jpg


gn-20100530-02.jpg

キャッチコピーは「こんな状態の地球は宇宙の笑いものです。
宇宙人たちに笑われないよう、誇り高き地球を創り上げましょう
(Lets not be the joke of the universe. Make Earth Proud.)」。


子どもたちにも、地球環境への問題意識を持ってもらおう、
というのが狙いなんでしょうが、
ポスターを見た子どもたちが、「なんで宇宙人は笑ってるの?」と
親に質問する可能性もある。と考えると、
親子で環境について語ってもらおう、というもうひとつの
狙いがあるのかもしれません。
うまい広告ですね。

(参考引用)garbagenews/腹が立つけど痛いほど「地球環境を守ることの大切さ」が分かる広告







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

コンドームの広告集。 [広告の話]

広告の素材としては、おもしろいかもしれない。
表現の幅はかなり広いと思う。
でも、いざ制作するとなると、難しいんだろうな。
ずらりと集められた海外のcondom ads。
好き嫌いが、はっきりわかれそうな表現が多い。


best_condom_ads_39.jpg


best_condom_ads_52.jpg


best_condom_ads_85.jpg


best_condom_ads_12.jpg


best_condom_ads_05.jpg


best_condom_ads_19.jpg



(情報元)freshpics/best-condom-ads-ever



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

オリンパスPENのプロモーションビデオ「PEN STORY」 [広告の話]

Olympus Europeの公式ページで昨年公開された
オリンパスPENのプロモーションビデオだそうです。
タイトルは「PENstory」。
初代オリンパスペンが発売されてからちょうど50年。
その時の流れを写真を使って表現したビデオです。



60,000枚の写真を撮って、そのうちの9,600枚を現像して
つくり上げたビデオだそうです。パラパラ漫画の写真版って
感じですね。見事なもんです。
でも、このビデオyoutubeに投稿されて、
物議を醸していたそうです。
それは、動画の構成が竹内泰人氏の「オオカミとブタ」と
似ていたから。(参考
それを受けてOlympus Europeは、
「we were inspired by Mr Takeuchi's brilliant work」と
コメントを出しています。


で、その第二弾がこちら。PEN Giant
355枚の写真をビルボードサイズに出力して
つくりあげたムービー。
音楽もいいですね。なんと今回は、竹内泰人氏を
スタッフに加えて制作したようです。







nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。