So-net無料ブログ作成

ロングランキャンペーン「Got Milk?」 [広告の話]

1993年にスタートということで、もう20年近く続いている

アメリカのミルク生産協会のロングランキャンペーン。

「Got Milk?」(ミルクありますか?)というスローガン(タグライン)の

認知率は今や90%以上だそうです。

最初は、ミルクがなくてあわてふためく人々を描いたテレビCMで

スタート。途中からグラフィックシリーズ(ミルクを飲んだ後につく

白い口ひげ(ミルク跡)のセレブたちがにっこりほほえむビジュアル)が

はじまって有名になったようです。

そういえば、日本でもそんなような口ひげのグラフィックが

あったような気がしますね。ビールだったかな。



milk_ads_01.jpg


milk_ads_10.jpg


milk_ads_11.jpg


milk_ads_17.jpg



引用/freshpicsー25-sexiest-got-milk-ads


バイエルのアスピリン広告。シンプルでユーモラスなタイポ。 [広告の話]

医薬品の広告っていうと、なにかと制約が多い。

最大のシバリは、薬事法って、やつですが、商品が商品だけに

メーカーさんも「マジメな」表現を好みます。

数年前から医薬品関連の仕事が多くって、

思い切った表現にトライしてみたりするのですが、

なかなかOKはでません。おもしろいジャンルだとは思うんですけど。



で、今日紹介するのは、海外の広告。

バイエル薬品のアスピリンのグラフィック広告です。

より強力なアスピリン「cafiaspirina」と従来の「aspirina」との

比較を、ユーモラスなタイポで表現しています。

bayer_aspirin_1t.jpg
前妻が原因の頭痛には「aspirina」、
前妻の弁護士が原因の頭痛には「cafiaspirina」。



bayer_aspirin_2t.jpg
ボスが原因の頭痛には「aspirina」、
ボスの上司が原因の頭痛には「cafiaspirina」。



bayer_aspirin_3t.jpg
ティーンエイジの娘が原因の頭痛には「aspirina」、
そのボーイフレンドが原因の頭痛には「cafiaspirina」。

という表現です。

参考引用/adgoodness-bayer aspirin



大阪の灯りのイベント。 [☆娯楽施設・イベント・スポーツ]

「灯りに願いを。」

これは、ボツコピーではなく、採用されたコピー。

大阪城公園周辺を「行灯」で飾るイベント

「城灯りの景」のポスターのキャッチです。

もうひとつのブログに書いたんだけど(参照

このキャッチは、昨年に考えたもの。

二年連続で使われる事になったようです。

で、代理店にメールで送ったファイルを見ると、

提案したコピーは、5案でした。

その中のひとつがこれですね。

5案か〜。んんん〜少ないかな。

もちろん、頭の中では、もっと考えていたはずで、

送らずにボツにしたんだろうけど…。

昔とくらべて提案する数がかなり減ったような気がします。

手を抜いてるってわけじゃなく、

そういう状況になるんですよね。

時間がないわけです。

今聞いて、明日提出なんて仕事が、最近とても多い。

そして、驚くほど低予算の仕事が多い。

ギャラがが少なくなると、量をこなさないと

食べていけないので、手離れが早くなるんですよ。

不景気なときほど、もっとじっくりと

広告をつくるべきだと思うんだけど。



2010年上半期、CM露出量ランキング。 [雑記]

民放各社のCM収入が激減しているそうですが、
CMによるギャラを当てにしていたタレントさんも
たいへんなんじゃないでしょうか。
最近は、広告代理店さんに「なんでもやります」的な
売り込みしてくるタレントさんも多いようです。

ビデオリサーチが発表したタレント別テレビCM露出量の
ランキングです。

◎関東地区
1位 加藤清史郎(トヨタ/田中貴金属工業)
2位 玉木宏(永谷園/マツダ)
3位 上戸彩(ソフトバンクモバイル/AOKI)
4位 ベッキー(グリー/ライオン)
5位 石川遼(マクドナルド/パナソニック)
6位 宮崎あおい(アメリカンファミリー/クロスカンパニー)
7位 蒼井優(ユーキャン/資生堂)
8位 香取慎吾(ダイハツ/日本宝くじ協会)
9位 広末涼子(キッコーマン/資生堂)
10位 仲間由紀恵(サッポロ/資生堂)


◎関西地区
1位 上戸彩(大阪ガス/ソフトバンクモバイル)
2位 加藤清史郎(トヨタ)
3位 玉木宏(永谷園/マツダ)
4位 唐沢寿明(ケイ・オプティコム/アサヒ飲料)
5位 地井武男(アメリカンホーム)
6位 石川遼(エスプリライン/マクドナルド)
7位 ベッキー(グリー/天下一品)
8位 八千草薫(エバーライフ/ワーナーミュージック)
9位 蒼井優(ユーキャン/資生堂)
10位 萬田久子(アデランス/HABA)


「トヨタ」の加藤清史郎君が
大幅にランクアップ。
こども店長は、すっかり有名になりましたよね。
関西では、上戸彩さんが2年連続で1位。
大阪ガスの企業広告を何度も目にしましたが、
かなりの露出量だったんじゃないでしょうか。

(参考引用)narinari.com

子どもにテレビを見せるな!と宣言したLEGOの広告。 [広告の話]

「Kids shouldn't watch too much tv」

「子どもはあまりテレビを見ない方がいい」

というコピーで展開するLegoのシリーズ広告。

Lego-Kids-shouldnt-watch-too-much-TV_1.jpg

Lego-Kids-shouldnt-watch-too-much-TV-1.jpg

Lego-Kids-shouldnt-watch-too-much-TV.jpg

テレビには「銃(暴力)」「ドラッグ」「SEX(性描写)」といった

子どもに害を与える情報がいっぱい。テレビなんか見るより

レゴブロックで遊びましょう、という訴求ですね。

このようなテレビ批判は、昔からあることで、

目新しくないし、そんなに過激だとは思わないけど、

広告としてみると、やっぱり過激だなあ。

日本ではまず掲載のOKも出ないだろうし、クライアントも

こういうネガな表現は選ばないでしょうね。

ちなみに、このビジュアル。モザイクになった部分は、

レゴブロックでつくられているそうです。

レゴが子どもに見せたくないものを隠している、

防御している、という表現ですね。


(参考引用)likecool.com/Lego - Kids shouldn't watch too much TV

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。